二重整形でパッチリ目をゲット|失敗しないためのポイント

女性ナース

糸を用いる二重手術

美容整形

二重整形手術は、数ある美容整形手術の中で最もポピュラーな手術になっています。日本人の場合、その骨格の関係で一重まぶたになっている人がたくさんいます。一重まぶたには、理知的に見える、神秘的な印象を与えるなどといったメリットがありますが、目力がどうしても弱くなってしまいます。そのため、昔から多くの人が美容外科クリニックで二重整形手術を受けていました。昔からよく行なわれてきたのは、切開法による二重整形手術です。この方法であれば、脂肪でまぶたが厚ぼったくなっている人でも確実にキレイな二重まぶたになることができます。しかし、まぶたを切られるのは怖いという人もたくさん存在しています。そのような人達の間で近年人気になっているのが、埋没法による二重整形手術です。埋没法であればまぶたを切られる心配をする必要がなくなるため、今後は埋没法を選ぶ人が増えるだろうと予想されています。

埋没法による二重整形手術では、髪の毛よりも細い極細の糸が使用されます。この糸をまぶたに通し、まぶたの裏側で縫いとめるという方法で、二重のラインを作っていきます。クリニックによって、点で糸をとめるのか、線で糸をとめるのかといった違いが生じていますから、事前によく調べてみた上で手術を受けるクリニックを決めるようにした方がよいです。糸をまぶたの裏側で縫いとめているだけであるため、簡単に一重まぶたに戻ってしまうのではないかと心配する人が少なくありません。しかし、一重まぶたに戻りにくくするために、糸を複数箇所で縫いとめるといった工夫を凝らしているクリニックがほとんどです。逆に、望んでいた状態とは異なった仕上がりになってしまった場合でも、糸を切れば元の状態に戻すことができるという安心感が得られます。