二重整形でパッチリ目をゲット|失敗しないためのポイント

女性ナース

美容整形で二重瞼に

目を触る人

手術をするにあたって

二重瞼を作る「二重整形手術」は、気軽にできるプチ整形から本格的な外科手術まであります。クリニックによっては二重整形を、「メイク感覚で気軽にできる」と謳っているところもあります。しかし、いくら簡単であっても、医療行為である以上はリスクがあります。執刀する医師が経験や実績が十分にある人であるかどうかは、事前にしっかり調べる必要があります。埋没法は切開しない二重整形で、一重瞼に戻ったとしても、何度でも繰り返し手術ができます。しかし、繰り返して埋没法をすると、瞼の中に昔手術をした糸がたまって、しこりになることがあります。埋没法は瞼を強くこすると取れやすいので、瞼をこすらないように注意をする必要があります。

整形のメリット

二重整形は日本人にとても人気のある美容整形のひとつです。細い一重瞼がぱっちりした二重瞼になるだけで、見た目が劇的に変化します。アイメイクをするときに二重を人工的に作ることもできますが、メイクなのでクレンジングでオフすればもとの一重に戻ります。また、汗を掻いたりプールや海に行ったりすると取れやすいという欠点があります。しかし、二重整形をしてしまえば、クレンジングをしても元に戻ることがなく、プールや海も安心して入れます。それに二重を作るために瞼にノリを塗ったり、テープを貼ったりしていると、瞼のかぶれなどのトラブルにつながり、目元の老化が加速します。二重整形をすれば、そうしたトラブルがなくなります。